抹茶碗

-Chawan-
抹茶を点てて(撹拌して)いただく(飲む)ための器です。
志野・織部・仁清・乾山など、様々な種類があります。
抹茶を点てて(撹拌して)いただく(飲む)ための器です。
志野・織部・仁清・乾山など、様々な種類があります。
抹茶を点てて(撹拌して)いただく(飲む)ための器です。
志野・織部・仁清・乾山など、様々な種類があります。

茶 筅

-Chasen-
お茶碗に抹茶とお湯を入れ、撹拌する(かき混ぜる)ために用いる道具で、竹の一端を細く裂き、薄く削った先端を内側に柔らかくカーブさせたものが一般的です。
竹製のものがほとんどだが流派により使用する竹の種類や色が異なります。
お茶碗に抹茶とお湯を入れ、撹拌する(かき混ぜる)ために用いる道具で、竹の一端を細く裂き、薄く削った先端を内側に柔らかくカーブさせたものが一般的です。
竹製のものがほとんどだが流派により使用する竹の種類や色が異なります。
お茶碗に抹茶とお湯を入れ、撹拌する(かき混ぜる)ために用いる道具で、竹の一端を細く裂き、薄く削った先端を内側に柔らかくカーブさせたものが一般的です。
竹製のものがほとんどだが流派により使用する竹の種類や色が異なります。

懐 紙

-Kaishi-
懐紙は、茶席に参加する人が持参するもので、主菓子や干菓子を取り分ける時にお皿の代わりに使います。
着物がまだ普段着だった頃は懐に入れて持ち歩き、ティッシュやハンカチ、メモ用紙など様々な用途で使われてきたものでした。
今では茶道の他、和装の際や和食の中でも特に会席料理などの改まった席で使用されています。
懐紙は、茶席に参加する人が持参するもので、主菓子や干菓子を取り分ける時にお皿の代わりに使います。
着物がまだ普段着だった頃は懐に入れて持ち歩き、ティッシュやハンカチ、メモ用紙など様々な用途で使われてきたものでした。
今では茶道の他、和装の際や和食の中でも特に会席料理などの改まった席で使用されています。
懐紙は、茶席に参加する人が持参するもので、主菓子や干菓子を取り分ける時にお皿の代わりに使います。
着物がまだ普段着だった頃は懐に入れて持ち歩き、ティッシュやハンカチ、メモ用紙など様々な用途で使われてきたものでした。
今では茶道の他、和装の際や和食の中でも特に会席料理などの改まった席で使用されています。


-Natsume-
抹茶を入れるのに用いる容器で、植物のナツメの実に形が似ていることからその名が付いたとされています。
棗にも形があり、大棗・中棗・小棗・平棗などがあります。
棗は、抹茶を保管する器ではなく、お点前の際に美味しい抹茶を入れて運ぶ道具です。
抹茶を入れるのに用いる容器で、植物のナツメの実に形が似ていることからその名が付いたとされています。
棗にも形があり、大棗・中棗・小棗・平棗などがあります。
棗は、抹茶を保管する器ではなく、お点前の際に美味しい抹茶を入れて運ぶ道具です。
抹茶を入れるのに用いる容器で、植物のナツメの実に形が似ていることからその名が付いたとされています。
棗にも形があり、大棗・中棗・小棗・平棗などがあります。
棗は、抹茶を保管する器ではなく、お点前の際に美味しい抹茶を入れて運ぶ道具です。
つぼつぼ
花 筏
雪月花
扇 面

ふるい缶

-Furuikan-
抹茶は細かく挽いている為、静電気を帯びやすく小さなダマ(粒)ができる場合があります。
品質には全く問題がありませんが、「ふるい」にかける事によって抹茶を点てたときに良く混ざりキレイに点てる事ができます。
抹茶は細かく挽いている為、静電気を帯びやすく小さなダマ(粒)ができる場合があります。
品質には全く問題がありませんが、「ふるい」にかける事によって抹茶を点てたときに良く混ざりキレイに点てる事ができます。
抹茶は細かく挽いている為、静電気を帯びやすく小さなダマ(粒)ができる場合があります。
品質には全く問題がありませんが、「ふるい」にかける事によって抹茶を点てたときに良く混ざりキレイに点てる事ができます。

その他順次掲載予定