抹茶を点てて(撹拌して)いただく(飲む)ための器で、楽焼・志野・織部・仁清・乾山など、様々な種類があります。

色絵茶碗
本焼きした陶磁器の釉(うわぐすり)の上に、二色以上の軟質の顔料で絵や文様を彩色し、低い火度で焼きつけたもの。
上絵付け。

花七宝

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

雲 錦

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

四季草花

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

結 び

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

高台寺

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

四君子

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

色 紙

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

扇 面

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

青 竹

直径:約12.0cm
高さ:約8.2cm

仁清茶碗
「野々村 仁清」
江戸時代前期の陶工で、京焼の名工といわれています。
「仁清」・「仁清写し」として現在販売されているものは、仁清の作風を模した御室焼、京焼の事です。